【ネタバレ注意!】ゴールデンカムイ26巻ネタバレ&感想|最後の暗号も判明!しかしアシリパが・・・。

こんにちはのあきです。

この記事では6月18日に発売されたゴールデンカムイ26巻のネタバレを紹介しています。

※ネタバレが嫌いな方は読まないことを推奨します。

またゴールデンカムイ26巻を読むうえで

「お金がないけど最新巻を読みたい」

「今すぐ最新巻を読みたい」

「できるだけお得に漫画を読みたい!」

という人のためにゴールデンカムイ26巻を完全に無料で読めるサービスも紹介しますので最後まで読んでいただけると幸いです。

この記事で分かること・ゴールデンカムイ26巻のネタバレ内容

・ゴールデンカムイ26巻が無料で読めるサービスの紹介

ゴールデンカムイ26巻【251話】のネタバレ

花火が上がった牛山組の方へと向かう杉元たち。

牛山は宇佐美と交戦し、鯉登の方へと投げ飛ばします。

一方、土方組はジャック・ザ・リッパーと交戦。

銃弾を2発食らわせるも逃げられてしまいます。

永倉が花火を上げたことで戸惑う一同。

花火の明かりでずきんちゃんは尾形の姿を確認するのでした。

杉元は暗い工場の中へと入っていき、二階堂と遭遇します。

ゴールデンカムイ26巻【252話】のネタバレ

後ろから、鯉登が日本刀で攻撃します。

杉元が隙を見せたところで菊田が銃で狙いを定めて撃とうとしますが牛山が酒の入った樽を押し出し、工場内は酒で溢れます。

大量の酒をがぶ飲みしてしまった、杉元、月島、鯉登は酔ってしまいます。

その間に、菊田はアシリパを確保しますが、鼻に毒の矢を入れられます。

その様子を尾形が見ていました。

毒矢で脅された菊田はアシリパに7人のアイヌが殺された理由を聞きたいかと彼女に問います。

尾形が鶴見にわたってしまう前に狙撃しようとするとずきんちゃんが尾形の銃を狙撃して壊します。

ゴールデンカムイ26巻【253話】のネタバレ

土方達は、手負いのジャック・ザ・リッパーを追います。

杉元と月島と二階堂と鯉登は酒で酔ってしまい、まともに攻撃できません。

菊田の話を信用しようとしないアシリパを見て、彼はアイヌの遺品である金貨を見せます。

どうやら金貨はのっぺら坊が作ったもの。

そして改めてついてこいと言いますが、これを拒否します。

すると後ろから、宇佐美が捕まえようとしますが、これを門倉が阻止。

隙を見てアシリパは逃げ出します。

彼女が逃げた先にはジャック・ザ・リッパーがいたのでした。

ゴールデンカムイ26巻【254話】のネタバレ

尾形は新しい銃を手に取り、反撃できる場所を探します。

ジャック・ザ・リッパーは藁に火を放って火事を起こします。

宇佐美に追いかけられた門倉はとうとう捕まってしまい、お腹に隠しておいた土方の預けられた刺青を奪われてしまいます。

すると、階段から尾形上がってきて、宇佐美と鉢合わせになります。

宇佐美は彼の横腹に蹴りを入れます。

アシリパはジャック・ザ・リッパーの膝を棒で殴り、そのまま顔面にフルスイングします。

ゴールデンカムイ26巻【255話】のネタバレ

火が段々と強くなり、野次馬も集まります。

その中には上エ地の姿もあります。

ジャック・ザ・リッパーの不気味さに怖気づいたアシリパ。

そんな時、杉元が助けに入ります。

銃剣で腹を突き破り、出てきた腸で首を締め、壁に何度も頭をぶつけさせます。

ボコボコにした後、とどめに首元に銃剣を刺して高いところから突き落とし、ジャック・ザ・リッパーは転落死してしまいます。

刺青は残り2枚となりました。

一方、宇佐美は激怒しながら尾形を殴り続けます。

倒れてしまい、宇佐美はナイフで心臓を刺すか、弾を装填して撃つか、どっちが速いかの勝負をします。

これは、尾形が速く撃つことができ、宇佐美のお腹に銃弾が命中。

ゴールデンカムイ26巻【256話】のネタバレ

上エ地は煙突の方へと向かいます。

尾形がとどめを刺すため、遠距離から宇佐美を狙撃します。

心臓を撃ち抜かれた宇佐美は鶴見中尉の腕の中で息絶えるのでした。

煙突のてっぺんに登った上エ地は皆さまご注目と叫びます。

ゴールデンカムイ26巻【257話】のネタバレ

上エ地は昔から人ががっかりする顔が大好きでした。

煙突の上で暗号はもう解けないよとみんなががっかりするような発言をしますが、実は暗号はすべて集まらなくても解けるということは誰もが知っていたのでした。

がっかりした顔をしてくれないことで上エ地は激昂します。

そして彼は足を滑らせそのまま転落死してしまうのでした。

工場内では煙が充満して、杉元とアシリパは出口を探します。

門倉と合流して一緒に脱出しようとします。

彼の背中を見ると刺青が彫られていて2人は驚きます。

なんと門倉の彫られた刺青が最後の暗号だったのです。

ゴールデンカムイ26巻【258話】のネタバレ

なかなか出口が見つからない3人。

白石も杉元たちを見つけるため中に入ろうとしますが煙のせいでなかなか入れません。

代わりに房太郎が中に入って助けに行きます。

杉元たちを見つけた房太郎は、杉元をスコップで殴ります。

そしてアシリパを連れ去り、杉元は止めようとしますが、煙のせいで意識が朦朧として体が動かせません。

別の出口から出た房太郎はアシリパに蝦夷共和国なんて考えている連中といたら俺の夢はかなわない、だから金塊なんて全部うばってやると言います。

ゴールデンカムイ26巻【259話】のネタバレ

房太郎がまだ服役中だったころ、白石と金塊を手に入れたらどうしたいかという夢を語り合います。

房太郎は自分の国を作って死にきれないほどたくさんの家族が欲しいと言います。

そんな彼を見て、白石は案外寂しがり屋なんだなと言います。

場面は戻り、杉元は白石に助けられます。

房太郎の前に鯉登が現れ、アシリパを奪おうとします。

工場内へ逃げ戻りますが、剣で攻撃されてしまい負傷します。

ゴールデンカムイ26巻【260話】のネタバレ

しかし、鯉登をビールの海に引きずり込みます。

月島が駆けつけ鯉登を助けます。

助けている隙にアシリパに逃げられますが、すぐに二階堂によって捕まえられます。

そして彼はアシリパを鶴見中尉に渡します。

鶴見中尉は第7師団全員に撤退すると命令を出します。

一方、逃げ遅れた門倉は建物の崩壊に巻き込まれますが奇跡的に助かりそのまま布団の上で眠って26巻は終わります。

ゴールデンカムイ26巻感想

房太郎の裏切りや、上エ地によって明かされた刺青は24枚無くても揃ったり、門倉の体に24番目の刺青が彫られたりと、ますます金塊争奪戦がヒートアップしていきます。

ジャック・ザ・リッパーに「誰から生まれたよりもなんのために生きるかだろうが!」と言葉を投げた杉元がかっこよすぎて惚れました。

尾形も、宇佐美を狙撃したことで、完成しましたし、またスナイパーとしての彼の姿を見られるようでうれしいです。

物語後半で鶴見中尉によってとらえられたアシリパ。

杉本が房太郎に激怒するのも分かります。

あと菊田はたくさんの人を殺したのっぺらぼうの本当のことをなにやら知っているようで今後明かされるのでしょうか?

ゴールデンカムイ26巻ネタバレ&感想まとめ

いかかだったでしょうか?

今回はゴールデンカムイ26巻のネタバレ記事を書きました。

ここまで読んでくださった方に、ゴールデンカムイ26巻が無料で読めるサービスを2つ紹介します。

それは、U-NEXTFODプレミアムです。

U-NEXTは映画、ドラマ、アニメ、電子書籍を配信している動画配信サービスで、初回限定で1ヵ月の無料体験ができるキャンペーンを実施中しています。

登録後に、600ポイントが貰えるのでお好きな漫画が1冊無料で読めます。

一方、FODプレミアムも映画、ドラマ、アニメ、電子書籍を配信している動画配信サービスで、初回限定で2週間の無料体験ができるキャンペーンを実施しています。

無料期間の間に最大900ポイントが貰えるのでこちらもお好きな漫画が1冊無料で読めます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

※下記にゴールデンカムイ26巻が無料で読める動画配信サービスのURLがございます。

※どちらも無料期間内に解約してしまえば、料金は一切かかりません

※当記事の情報は2021年6月現在のものです。

 

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。