呪術廻戦【14巻】ネタバレ&感想!

2022年1月13日

こんにちは、わびさびです。

この記事では1月4日に発売された呪術廻戦14巻のネタバレを紹介しています。

※ネタバレが嫌いな方は読まないことを推奨します。

また呪術廻戦14巻を読むうえで

「お金がないけど最新巻を読みたい」

「今すぐ最新巻を読みたい」

という人のために呪術廻戦14巻を完全に無料で読めるサービスも紹介しますので最後まで読んでいただけると幸いです。

この記事で分かること・呪術廻戦14巻のネタバレ内容

・呪術廻戦14巻が無料で読めるサービスの紹介

呪術廻戦【14巻116話】のネタバレ

勝てば自分の下につくと言われ、宿儺と戦う漏瑚。

そして決着の時に、突然漏瑚の走馬灯が映し出されます。

そこには花御と陀艮の姿があり、彼らに自分がすまないと謝ります。

それに対し花御は「まだ真人がいますよ」と言います。

彼曰く、真人は鏡そのものでまだまだ強くなれるそうです。

漏瑚の走馬灯に宿儺が現れ、お前は強いと彼の事を認めます。

その瞬間、漏瑚の目には涙がこぼれ落ち、宿儺に倒されてしまいます。

呪術廻戦【14巻117話】のネタバレ

一方、伏黒は慣れない領域展開を使い満身創痍のところを呪詛師の重面に深手を負わされます。

すると突然、重面に十種影法術について説明しだします。

十種影法術は最初にまず2匹の玉犬だけが術師に与えられ、それ以外の式神を扱う場合はまず術師と玉犬で調伏を済ませなければならない。

調伏を進めることで十種の式神を手にすることができると、そして倒れながらも、彼はこういいます。

調伏は複数人でもできると。

場面は変わり五条に禪院家と五条家が江戸時代に投手同士が殺し合ったときに使ったのが十種影法術で相手の五条家の六眼持ちの無下限呪術使いと相打ちに持っていったという話を聞いたことを思い出します。

そしてその当主もこんな使い方をしたんだろうなと、制御できない最強の式神八握剣異戒神将魔虚羅を呼び出します。

なんと、伏黒は重面を利用して調伏の儀を強制的に始めました。

そしてこの化物を2人で倒さなければならなくなり、伏黒は先に死んで重面を魔虚羅に殺させる作戦に出ます。

次の瞬間、魔虚羅にぶっ飛ばされる伏黒。

呪術廻戦【14巻118話】のネタバレ

強力な呪力を感じた宿儺はすぐさま伏黒のもとに向かい、調伏の儀を終わらせるために魔虚羅に挑みます。

解の斬撃を放つ宿儺。

ですが全く効いている様子はありません。

なぜなら対魔の剣に正のエネルギーを纏っているからです。

さらに魔虚羅は宿儺の斬撃をはじきぶっ飛ばされます。

しかし魔虚羅はあらゆる攻撃に対応するため手を焼く宿儺でした。

そんな魔虚羅のことを最強の後出し虫拳と称します。

呪術廻戦【14巻119話】のネタバレ

斬撃を見切られた宿儺は魔虚羅に対抗するため領域展開を発動します。

そして半径140M以内の呪力があるものに捌を、呪力のないものに解を集中的に浴びせ瀕死まで追い詰めた状態でとどめを刺します。

調伏の儀が終わり、重面がそそくさと立ち去ろうとしますが、彼の術式は運を蓄えること。

しかし、彼は七海との戦闘で運を使い果たしている為、宿儺にあっさり殺されてしまうのでした。

呪術廻戦【14巻120話】のネタバレ

気絶している伏黒をすぐに家入のもとへ運び出し、その後宿儺は虎杖に戻ります。

虎杖に戻った瞬間、彼の記憶の中には宿儺が殺した大勢に人間が脳内再生します。

自分だけが死ねよと思い自己嫌悪になりますが、「このままじゃ俺はただの人殺しだ」と地下へ向かいます。

地下では漏瑚の攻撃を受けてぼろぼろの状態の七海が下の階へ降ります。

そこには真人に作られた改造人間が立ちはだかります。

七海は「マレーシア…クアンタンがいい…」と頭の中で自分の願望を言い聞かせながら最後の攻撃に出ます。

そして待ち伏せしていた真人が瀕死の状態の七海の前に立ちます。

同時に虎杖も同じフロアに到着し、ボロボロの七海の姿を発見しますが、七海は最後に「後は頼みます」と言い残し真人に殺されてしまいます。

「オマエはなんなんだ!!真人!!」と七海が殺されたことに激怒する虎杖は真人に攻撃します。

呪術廻戦【14巻121話】のネタバレ

一直線に向かって攻撃をしようとする虎杖に対して、真人は多重魂・撥体という多重魂を利用して質量を爆発的に上げて相手に放ちます。

真人の言葉に乗せられそうで切れそうになりますが、ナナミンなら怒りで我を忘れることはしないはず俺は呪術師だと証明しろと自身に言い聞かせます。

そして最高の強度・つまり原型で虎杖の心臓をぶち抜くと構える真人でしたが、目の前の虎杖を一瞬で見失ってしまいます。

実際は膝抜きと呼ばれる股関節と肩の力を抜き一瞬で真人の足下へ移動し、姿勢を低くして躰道の卍蹴りを食らわせます。

呪術廻戦【14巻122話】のネタバレ

虎杖と真人の戦闘はROUND2に入り、真人は逃げるように戦い、それを躱しながら追う虎杖。

しばらくは改造人間主体で攻撃すると考え、改造人間を使います。

改造人間を使うことは単なるリスクヘッジじゃなく、虎杖のメンタルを壊すため。

場面は変わり21:30までに遡ります。

改造人間のストックを大量に手に入れた真人は自分を分身させ、地下と地上に分けて虎杖殺しまSHOWを再開させます。

23:16道元坂小路でもう一人の真人が地上で釘崎と対峙します。

「オマエかうちのバカにちょっかい出したっている特級呪霊は」と釘崎が問います。

その問いに「参ったなぁ僕って有名人?」と照れ、釘崎が「あぁしっぽ巻いて逃げたってな」と嘲笑します。

先手を打ったのは釘崎が簪で真人の顔を貫きますが、本人は聞かない様子です。

釘崎が虎杖と親しんだろうと悟り、この女の死体を晒して虎杖悠仁の魂を折ると企みます。

呪術廻戦【14巻123話】のネタバレ

引き続き、虎杖の相手をしているもう一人の真人は改造人間を存分に利用して彼を翻弄します。

改造人間を投げつけ虎杖の前で爆散させ、血で目くらましさせその隙に背後から攻撃するのでした。

釘崎は真人の両手を警戒しながら攻撃しますが、彼女にはこの真人が分身の方で他社の魂に干渉はできないことに気づいていません。

効かないと分かってもあきらめない釘崎。

「分かってでもやんなきゃなんねぇ時があんだよ」と構えますが、それにアホくさと呆れる真人。

しかし、これは無策を装うためのブラフであって見事に共鳴りは効きました。

分身の真人が共鳴りを受けたことで虎杖と戦う本物真人にも攻撃が伝わります。

天敵は虎杖だけじゃないと気づき、釘崎はこっちの真人が分身で術式が使えないことに気づきます。

呪術廻戦【14巻124話】のネタバレ

本物の真人は共鳴りの余韻で体を動かせず隙を見せたところで、渾身の一撃を食らわせます。

「俺には誰も救えなかった みんなの苦労も台無しにしてしまった それでも 俺を独りじゃないとそう思わせてくれて」と感謝します。

分身の真人は勝てないと悟り地下へ逃げ込みます。

本物の真人も突然分裂して逃げ出し、分身と本体が合流します。

虎杖は1つに戻してダメージを修復するつもりだと考えますが、ただすれ違っただけでした。

本体が死角となって入れ替わりに気付いていない釘崎は真人の掌に触れてしまいます。

七三術師には1回や2回触れただけでは効かなかったけど、1回だけで仕留められるか気になる真人。

真人の無為天変を受けてしまった釘崎は自分の過去を思い出したところで14巻は終わります。

呪術廻戦【14巻】感想

一番最初の一時的に力を取り戻した宿儺VS漏瑚。

今回はその戦いの決着から始まります。

漏瑚の走馬灯?回想シーンの時の花御と陀艮で話し合うところは、敵ながら絆を感じました。

何だかんだであの特級呪霊たちは好きだったからなあ。

そして初登場のキャラ裏梅の正体は何なんでしょうか?

一方伏黒は調伏の儀で魔虚羅という式神を呼び出しました。

“八握剣異戒神将魔虚羅"に対し自ら独自の領域「伏魔御厨子」を展開した宿儺。

その力は圧倒的かつ残虐で無慈悲なままに虎杖のメンタルを追い込む残酷さを発揮。見ていて辛いです。

そしてその傷ついたメンタルを抉るかのように虎杖の前で七海が殺されてしまうのは本当に絶望感が半端ないです。

真人と虎杖が戦う中、別場面では釘崎が真人の分身と戦います。

効かないと分かって攻撃したのはブラフで意表を突く感じで真人に共鳴をさせたのはさすがです。

しかし、その後真人の掌をもろに受けてしまった釘崎、最後は彼女の回想シーンで始まってこの14巻は幕を下ろしましたがこれは彼女も死んでしまうフラグなんでしょうか?

そうなると、虎杖のメンタルは完全に崩壊してしまいそうですが、生き延びてほしいです。

呪術廻戦【14巻】ネタバレ&感想!まとめ

いかかだったでしょうか?

今回は呪術廻戦14巻のネタバレ記事を書きました。

ここまで読んでくださった方に、呪術廻戦14巻が無料で読めるサービスを紹介します。

それは、U-NEXTです。

U-NEXTは映画、ドラマ、アニメ、電子書籍を配信している動画配信サービスで、初回限定で1ヵ月の無料体験ができるキャンペーンを実施中しています。

登録後に、600ポイントが貰えるのでお好きな漫画が1冊無料で読めます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

※下記に呪術廻戦14巻が無料で読める動画配信サービスのURLがございます。

※無料期間内に解約してしまえば、料金は一切かかりません

※当記事の情報は2021年1月現在のものです。

 

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。